作者: 鶴本節子

小童の名前の由来

小童と書いて、何と読むかご存知ですか? 甲奴へ何度か来られたことのある方は、『それは、ひち!!です。』と言えると思います。

では、どうして『小童』を『ひち』と読むのか。
今日、お客様から聞かれて、はっきりとした答えを言うことができませんでした(-_-;)

小童村誌に由来が書いてあると、歴史研究会の近藤さんに教えていただき、早速探すと・・・・ありましたっ!!
文献により諸説あるようですが、

 ①稲田姫のことを小童(ひち)と呼び、その稲田姫が素戔嗚尊と結婚され、この地に住まわれたので、その呼び名をとった。という説。

 ②素戔嗚尊がこの地を巡幸のとき、大騒ぎした童(わらべ)を「ヒチぐうるな」といって叱られた。その「ヒチぐるうな」の上の二文字を
  とった。という説。

 ③この地に小童(こわらべ)が現れて、いつしかひち(しち)の地名を表すのに当て字として小童と書くようになった。という説。

など、他にもあるようですが、はっきりした答えはわからない・・・ということ。



三次もなかなか読めない((+_+))ようですね・・・

須佐神社へ行かれて、歴史に触れるのもいいかと思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 
 

こうぬさとやま日記

お知らせ

2018年7月13日
毎年恒例の 夏休み こどもクッキング を行います。

熱いぞ!うたまつり!!

2018年7月11日
毎年行われている、老人クラブ甲奴支部のみなさんによる 元気づくり みんなのうたまつり…

子ども天文台

2018年7月05日
梅雨明け宣言はまだですが、もうすぐ『こども天文台』の定期&予約観測会が始まります。

チャレンジデーでウォーキング!

2018年6月01日
5月30日はチャレンジデーでした。 今年は鹿児島県奄美市との対戦。