作者: 甲奴町観光協会

第25年度 甲奴町冬の風物写真コンテスト 入選発表

平和と人権・美しい景観作りを進めていく拠点として設置された「カーターイルミネーションin弘法山」とその点灯式をはじめ、初冬のイベントとして開催される「書道パフォーマンスinこうぬ」、「カーターピーナッツ収穫祭」等、さらに年が明けて「初日の出を迎える会」「とんど風景」「須佐神社の的弓祭」 町内の雪景色等さまざまな甲奴町冬の風物を表現する

幸運を求めて
諏訪博明(呉市)
もちまきの場面を、絶妙といえるカメラアングルで捉えた。地面に落ちた”幸運”を求めてかけよる参拝客。作者はこうした場面を予測していたのだろうか、実に見事なタイミングでシャッターを切っている。左端に入れた紅白幕がほどよいアクセントとなった。光に恵まれれば、さらに完成度の高い作品となっただろう。

優秀賞



題名:瞬
氏名:伊東和磨
住所:安芸高田市

題名:祭礼
氏名:タン・ウォーレン
住所:三次市

題名:初詣
氏名:田上壽典
住所:広島市安佐南区
「瞬」
甲奴町の冬を代表するイベントのひとつである書道パフォーマンス。まさんい筆を置くその瞬間をやくどうかんあふれる作品に仕上げた。ステージをわずかに斜めにした構図により、画面に一層の動きが加わった点も見逃せない。若い作者による作品だろうか。

「祭礼」
的弓祭のメイン行事をストレートに撮影した作品。中央の主役をアップで狙う写真は多いが、作者はあえて周囲の状況を取り込んだ。手前にカメラマンの放列を配すことで「作品」に仕上げることに成功している。光の捉え方がうまく。作品に立体感が出た。

「初詣」
光と影の扱いに優れた作品だ。やわらかな光に照らされる社。詣でる2人の人物。夫婦だろうか。画面全体に静謐な空気が漂い、見るものを穏やかな心にさせる。ゆとりのある画面づくりに作者のキャリアの長さを感じさせる秀作である。

入賞




題名:人文字2014
氏名:花神佐市郎
住所:三次市

題名:一筆入魂
氏名:森角 弘
住所:三次市

題名:希望の年明け
氏名:千葉宏治
住所:三次市

題名:こっちに投げて~!
氏名:森角恒子
住所:三次市

題名:おごそかに…
氏名:福品友里
住所:三次市

題名:お参り
氏名:生田正幸
住所:三原市

題名:大焚火
氏名:平元一幸
住所:広島市安佐北区

題名:山頂の煌き
氏名:佐藤友紀
住所:広島市南区
総評
甲奴町は冬場に様々なイベントが開催され、県内各地から多くのカメラマンを集める。こうした中、様々な場面を撮影した写真が届けられた。コンテストであるから、作品にはそれを見るものをひきつける何かがなければ人より上位にくることはできない。それは美しさであったり、珍しさであったり、また独創性であるかも知れない。入賞・入選した作品には、こうした ”見せる” 要素がどこかに織り込まれていたといえる。惜しくも選に漏れた作品も中にも、作者の熱い思いが伝わるものが数多くあった。入賞作品の選評を参考にされ、更に研鑽を積み再度挑戦していただきたい。お待ちしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加