作者: 片山八重美

本西ハイキングin鞆の浦



秋晴れの気持ちの良い日曜日に、本西ハイキングで秋の鞆の浦へ行きました。


午前中は、ガイドさんに宮崎駿さんが崖の下のポニョを作成された時の裏話、坂本竜馬の歴史の話、鞆の浦街並みの話・観光の話などガイドさんの説明を受けながらの散策しました。

ガイドさんの話を聞きながらの散策は鞆の浦をよく知ることができる良い案内でした。

そして、お腹もすいたので昼食はバイキングでおなかをいっぱいにして、午後から阿藻珍味『鯛ちくわ食遊館』にて体験講座です。



ここでは、ちくわ手握り体験・せんべい手焼き体験・ふりかけ体験の3つのコースを体験しました。

まずは、ちくわ手握り体験。竹の棒に魚のすり身をつけたものをつけるだけですが、この時にきゅっきゅっと押すように丸めると中の空気がぬけてちくわのなかに穴が空かないそうです。




簡単なようでなかなか。ぬれた手でくるくるまわしながら作りました。



仕上げの焼きは職人さんにお願いして、



つぎは藻塩鯛せんべい手焼きです。生のせんべいを網において何度も裏返しながら焼きますが、押さえないとくるりと巻いてしまうし、押さえすぎると焦げちゃうしこれはもう真剣そのもので焼きました。



大きく膨れるとサクサクのせんべいがやけてこおばしいにおいがします。


みんな真剣顔で焼きました。



さて、最後は自分だけのふりかけ作りです。


まずはベースになるふりかけを選びます。あとはお好みでたらこ・梅・鮭・のり・わさび・じゃこなど11種類を自分の好みでたしていき最後にシェイカーでふりふりと混ぜ合わせると自分だけにふりかけのできあがりです。

こんがりとちくわ
サクサクと鯛せんべい


ふりふりふりかけは

どれもおいしかったです。楽しい美味しいハイキングでした。みなさんお疲れさまでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

本郷西野 ニュース

講演会のお知らせ

2017年6月19日 片山八重美 153 Hits